ペニス増大サプリ情報

ED治療は病院のみ?市販薬は?治療方法と市販薬の効果・副作用をチェック!

更新日:

男性であれば誰もがなってしまう可能性のある病気「ED」…、しかし男性の中には「病院に行くのが恥ずかしい」という方も少なくありません。
確かに、EDとなると医師に見られるのは恥ずかしい、できれば自分の力で治療したいと考えるのは当然のことかもしれません。
しかし、EDの治療は自分でできるものなのでしょうか?その点にも注目し、EDの治療に関して調査しました。
ぜひ、参考にしてみてください。

EDって何?

そもそもEDとはどのような状態のことを言うか知っていますか?EDは、英語で「Erectile Dysfunction」を略した言葉です。
日本語では、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」のことを言います。
そのため、まったく勃起しないという状態ではなく「勃起機能が低下」している状態になります。以下のような微妙な状態でも、EDと診断できるでしょう。
・勃起するまでに時間がかかる
・勃起してもすぐに萎えてしまう
・性欲はあるが勃起しない
・常に勃起しないわけではない
もし、今での生活で、上記の点に当てはまる点があれば、あなたもEDの可能性があるということになります。
EDは、それだけ身近な「男性であれば誰がなってもおかしくない病気」なのです。
EDの原因はさまざまで、治療するためには病院で相談することが確実です。

EDの種類とその原因

バイエル薬品による調査では、日本人の成人男性の53%がEDという結果がでています。
しかし、EDと一言で言っても、その種類はさまざまで症状も軽いものから重いものまであります。
そこで、まずはEDの種類を見ていきましょう。
EDは、大きく分けると精神的なものが原因となる心因性EDと、外的な要素が原因となる器質性EDの2種類があります。
その中でも、細かく原因ごとにわけると、以下のような分類になります。
・心因性ED(現実心因)
緊張・過労・睡眠不足・ストレスなどの現実の生活の中で与えられる心理的な原因によるもの
・心因性ED(深層心因)
コンプレックスや不安などの深層心理が原因となるもの
・器質性ED(加齢によるもの)
歳を取っていく中で発生したもの
・器質性ED(生活習慣によるもの)
糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病を原因としたもの
・器質性ED(外傷によるもの)
手術や外傷によって発症したもの
・器質性ED(神経障害によるもの)
脳出血・脳腫瘍・脳外傷・パーキンソン病・アルツハイマー病などの疾患によるもの

EDの治療は自分でできる?

それでは、自分がEDだと思ったら、自分の力だけで治すことはできるのでしょうか?
病院での治療に使われるのは、ED治療薬です。しかし、最近ではインターネット通販でED治療薬が売られていることがあります。
医師によると、そのED治療薬のほとんどが偽造品という調査データがあります。そのため、インターネットで購入できる手軽さは魅力ですが、副作用などの恐れもあるため、絶対に使用しないようにしてください。
他にも、ED治療はできないか方法を調査しました。しかし、残念ですがEDは自力で治療することはできない病気だという結果がわかりました。もちろん、EDになる前にならないように予防することは可能です。しかし、すでにEDになってしまった方は、症状が悪化してしまうことのないように必ず医療機関で診察を受けてください。
EDかどうかわからないけど、思い当たる点があるという方も、遠慮せずに医療機関で相談しましょう。
早めに対処できれば、回復も早くできるかもしれません。

EDの治療は病院で!

EDのおそれがある、EDになってしまった、そんな方は、すぐに病院を訪れ診察を受けましょう。
EDの治療は、泌尿器科を受診しましょう。最近は、内科でもED治療薬を処方されるケースも増えていますが、やはり専門的な部分まで見ることができる泌尿器科が確実です。
EDの治療にかかる治療費は、健康保険が適用されません。
そのため、医療機関によっては、かなり高額であったりする可能性もあります。受信する病院を選ぶときには、一度その病院のホームページを見てみるのがおすすめです。ホームページで治療費を紹介しているところであれば、安心して受信することができますよ。また、一度受信したことがある人の感想も非常に役立ちます。

EDの治療の基本的な流れ

安心して医療機関を受診できるように、EDの治療の際の基本的な流れを知っておくと安心です。

ED診察の流れ①問診

EDの治療は、医師と対面して問診票をもとに進められます。
問診表は、それぞれの医療機関で用意されていますが、一般的には以下の質問が多いようです。
・EDの状態
・他の病気の有無
・服用している薬があるか
・勃起してそれをどの程度維持できているか
また、インターネット上では、セルフチェックができるサイトなどもあるので、EDセルフチェックと検索してみるのもおすすめです。

ED診察の流れ②検診・診断

問診が終わると、医師による検診が行われます。
検診は、必要に応じて行われますが、血圧測定、脈拍測定、血液検査、尿検査、心電図測定が一般的にEDの疑いがある際の検診内容です。検査まで行かずに、問診や過去の健康診断結果・人間ドック結果によってEDと診断されることも多いようですが、不安だという方は事前に受信する医療機関に電話で問い合わせてみましょう。
問診と検診によって、EDと診断されたらそこから医師による服薬治療が開始されます。

ED診察の流れ③薬の処方

EDだと診断された場合、そのまま薬の処方に移行します。
患者の希望をきいて処方してくれる医師が多いため、安心して不安な点を相談しましょう。
ED治療薬は、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬が良く使用されます。
陰茎の血管を拡張する効果がある薬になるため、それで改善できる人も80%程度いるようです。
そこから、さらに効果がでなければ薬を変えていく、などの治療が行われます。

EDは病院で治療を受ける必要がある

昔は、EDといえば治療薬などがなく、恥かしい診察を受けた方もいるかもしれません。しかし、現在は治療薬があるため、薬で治療することが可能です。
EDかどうか認めたくなくて、解決を先送りしてしまうと、回復できるものもできにくくなってしまい、パートナーの女性まで不安になってしまいます。できるだけ早めに医療機関を受診して、EDを治療していきましょう。

-ペニス増大サプリ情報

Copyright© 男DX-ペニス増大サプリ口コミランキング2019!誰よりも高く立ち上がれ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.