ペニス増大サプリ情報

亀頭増大を成功させる重要ポイント3つ!カリ太ペニスは血流と海綿体がカギ

更新日:

亀頭を大きくするための代表的な3つの方法とは?

亀頭のサイズを大きくするための主な方法は『チントレ』『増大サプリを飲む』『注入手術を受ける』の3つに分かれます。
3つの方法は亀頭がサイズアップするまでの期間や費用に違いがあり、個人によって向いている方法は異なると考えた方がいいです。
また今すぐに大きくする必要に迫られているか、ある程度時間がかかっても問題ないかなど、状況によっても正解となる方法は変わります。

実際のところ全ての方法にメリットとデメリットがあるので、『とりあえずやってみよう!』はあまりオススメできません。
亀頭が小さいというのは他人に相談しづらい悩みではありますが、慎重に考えて自分に合った増大方法を決める事が最初の一歩になります。
ペニスは男にとって大事な急所となる場所なので、情報をしっかりと集めて失敗しないように心がけましょう。

亀頭を大きくしたい理由を整理する

費用・時間・手間、亀頭を大きくするためには、何かしらの対価が必要となります。
明確な目的意識がないと無駄なお金を使ったり、時間を浪費するだけになってしまうので、なぜ亀頭を大きくしたいのか先に整理しておきましょう。

・長さや太さも含めペニス全体が小さい
・ペニスの大きさは普通~大き目だけど亀頭が小さく先細りしている
・温泉など裸になる場所で同性に見栄を張りたい
・自分では特に意識していないけれどセックスでパートナーが満足していない

亀頭を大きくしたいだいたいの理由は上記のいずれかに当てはまります。
求める結果が同じでも理由が異なれば、向いている方法が違ってくるので間違えないようにしましょう。

チントレで亀頭を大きくする!

チントレの中にミルキングというペニスのマッサージのような事をして、亀頭を大きくする方法があります。
ペニス自体には筋肉がないので、海綿体や周辺の筋肉を刺激してストレッチの要領で鍛えるイメージです。
方法自体は簡単ですが、実践する際は雑菌などが入らないように手を清潔にしてから行いましょう。

1.ペニスを軽く温めてから半勃起状態にする(清潔も保たれるためお風呂上りがオススメ)
2.左手の親指と人差し指で輪を作り根本を握る(力の入れすぎはNG)
3.右手の親指と小指→薬指→中指→人差し指と順番に下から上へ握っていく(牛の乳しぼりのような感じで)
4.同じ動きを繰り返し行い血液を亀頭に送る

1度のミルキングにかかる時間は5分程度になるので、お風呂上りなどでも手間がかからずに行えます。
勃起に大きく関わる海綿体に送られる血液の量を増やすため、ペニスの血流を良くするマッサージと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

チントレ(ミルキング)のメリット

・費用がかからない
・いつでも実践可能

チントレの中には専用の器具を購入して行う種類もありますが、ミルキングは自分の手さえあれば出来るので費用がかかりません。
そして始めようと思えば今この瞬間からでも始められるので、亀頭に血液が多く流れる感覚だけでも体感してみると意識が変わります。

チントレ(ミルキング)のデメリット

・効果が表れるまでに時間がかかる
・慣れないと半勃起状態にするのが意外と難しい
・間違った方法で行うとペニスを傷つけるおそれがある

ミルキングには亀頭を大きくするための即効性がなく、効果が目に見えるようになるまでの期間も個人差が激しいです。
また強く握りすぎたり1度のミルキングに時間をかけすぎたりしてしまうと、ペニスを痛めてしまうケースがあるため気を付けましょう。

増大サプリを飲んで亀頭を大きくする!

サプリによって体質を改善して体の内側から増大を働きかける方法です。
増大サプリを飲む事で亀頭が大きくなる理由は、チントレと同じく海綿体へ流れる血液量を増やす事にあります。
しかし増大サプリは良くも悪くも膨大な種類が販売されているため、効果を得るにはポイントを押さえて商品を選ばなくてはいけません。

・シトルリンとアルギニンの配合量をチェック
・効果がなかった場合に返金保証があるかどうか
・生産国を調べる(日本製or海外製)

これらの事を基準として安全で信用できると判断した増大サプリを選ぶようにしましょう。
他の方法と違い口から摂取して体内に摂り入れる事になるので、効果だけでなく生産過程や成分の安全性も大事です。

増大サプリを飲むメリット

・決まった量を飲めばOKの手軽さ
・費用は1日あたり数100円なので経済的負担が小さい
・体質に訴えるので根本的な解決に繋がる

増大サプリは実証されている成分の力で体内の血流を良くするので、同じ目的でもチントレに比べて結果に対する信用度が高いです。
料金は1箱という単位で見ると高く感じる事もありますが、1日あたり数100円で根本的な体質改善をしつつ亀頭を大きくする事を目指せます。

増大サプリを飲むデメリット

・効果が表れるまでに時間がかかる
・平均1ヵ月~3ヶ月は毎日きちんと飲む必要がある
・買える場所が少なく手間がかかる

チントレと同じく結果が表われるまでにはどうしても一定の期間が必要となります。
平均1ヵ月~3ヶ月で大きくなると言われていますが、サプリが体質に合っていないと全く変化が出ない可能性もあるので見極めが重要です。
1つの増大サプリで結果が出なくても、他の種類に変えたら大きくなったという例も少なくありません。

注入手術を受けて亀頭を大きくする!

亀頭に注射で直接ヒアルロン酸やコラーゲンを注入して、物理的に亀頭を大きくする手術です。
チントレや増大サプリのように海綿体への血流を良くする方法とは異なりますが、効果は100%で即効性も高いです。
何を注入するかは手術を受けるクリニックや医師の考え方で変わるので、事前にカウンセリングを受けましょう。

1.クリニックに電話やメールで亀頭増大手術を受けたいと伝えて予約をする
2.カウンセリングを受けて注入量と何を注入するかを決める
3.その場(後日でもOK)で注入をする

注入手術は手術という言葉を使ってはいますが、基本的には注射をするだけなので日帰りで時間もかかりません。
麻酔を使用するので痛みもなく、その後に予定があってもよっぽど激しい運動をするのでもない限り支障はないでしょう。

注入手術のメリット

・確実に効果がある
・すぐその場で大きくなる
・医師の手で行うので安全性が高い

亀頭増大注入手術の注射はだいたい1本が1mlなので、亀頭の左右に合計2本も打てば見た目にもだいぶふてぶてしくなります。
特に手術直後は少し腫れるので見た目の満足感が高く、医師の手によって行われるので術後に何かあった際のケアも万全です。

注入手術のデメリット

・高額な費用がかかる
・永久に効果があるわけではない
・専門のクリニックに行く必要がある

注入手術に用いられるヒアルロン酸やコラーゲンは1本が数万円単位であり、健康保険も使えない非常に高価な手術になります。
しかし費用に対して亀頭増大の効果は1ヶ月~2年程になるので、永久に大きい状態が保たれるわけではありません。
また地方によってはクリニックの数自体が少なく、いつでも誰でも手軽にというのは難しい面があります。

その他の亀頭を大きくする方法

代表的な3つ以外にも亀頭が大きくなると言われている方法はいくつか存在します。
しかし民間療法的な面があるため、効果のほどに関しては怪しんで考えた方がいいでしょう。

・食生活を改善する
・運動習慣を身に付ける
・専用の増大器具を使う

食生活の見直しや運動習慣を身に付ける事に関しては、血流改善を意識して行えば多少効果が表われる事もありえます。
そうでなくとも健康のために意識して損はないので、チントレや増大サプリと並行して行うのは十分にアリです。
専用の器具は主に圧をかけて行うタイプのものですが、ペニスを痛める可能性が高いのであまりオススメはできません。

亀頭を大きくするために一番オススメの方法とは?

・時間がかかってもいいからお金をかけずに大きくしたい男性→チントレ
・しっかりと科学的に根拠のある方法を頼りたい男性→増大サプリ
・とにかく今すぐ亀頭を大きくしたい男性→注入手術

悩みは同じでも住んでいる環境・自由になる時間・使えるお金には違いがあって当然です。
亀頭を大きくしたいあまりに無理をして不自由が生じては意味がないので、出来る事からやっていきましょう。
ちなみにチントレと増大サプリは併用して行っても構いません。

大きい亀頭は格好いい!

大きいペニスと言えば長く極太なモノをイメージしがちですが、見た目・機能どちらの面からも本当の印象を決めるポイントは亀頭のサイズです。
どんなに巨根のペニスでも亀頭が小さく先細りをしていては、格好よくありませんし機能的にもカリ太なペニスには劣ります。
亀頭を大きくする方法は代表的なものだけでも3つもあるので、自分に合ったものを見つけて実践していきましょう。

-ペニス増大サプリ情報

Copyright© 男DX-ペニス増大サプリ口コミランキング2019!誰よりも高く立ち上がれ!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.